2018-02-21

鉄火の巻平

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/21借出。

-葛兆光「中国再考」岩波現代文庫 ISBN:9784006003098
-竹中千春「ガンディー」岩波新書 ISBN:9784004316992
-日比野光敏「日本すし紀行」旭屋出版 ISBN:9784751113189
-黒柳徹子選/日本ペンクラブ編「読むパンダ」白水社 ISBN:9784560095959
-J・D・ライト「図説 呪われたロンドンの歴史」原書房 ISBN:9784562054701

2018-02-20

今月のバージン・ロープ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-速野悠二「VRエロゲに夢中なJKにハメてみた」リイド社 ISBN:9784845852789
話○ 抜○ 消小 総合○

ゲーム研究部入部熱烈志望の後輩JKを追い返すはずが彼女のゴックンボディに辛抱たまらず……巻頭描きおろし表題作短編+依頼を受け校内にはびこる媚薬の流通ルートを調査中の主人公は捜査にかこつけ女子を次々に食いまくり中編3話+人気コスプレイヤーの妹を守るため姉は身体を張って数々の凌辱に耐え中編3話+独立短編1本。むっちりボディのドスケベガールズがたわわな肢体をフル活用し下品きわまりないアヘ顔さらして子宮の奥まで中田氏され放題のストロングファック絨毯爆撃でお送りする作者最新刊はガチ成年物件としての通算4冊めにして本レーベル発の3rdコミックスだ。
題材こそお色気系ながら活動のスタートは健全安全一般誌だったこの人が次第に本格エロにも足跡を伸ばしついには成年向け専業となってはや数年。もとより女の子の弾力あふれる扇情的な肢体描写がウリのひとつだっただけに、こっちの界隈へやって来ても特段の違和感なく溶けこんだ感じ。そんなわけで執筆ペースもいたって順調であるのだけれど、去年1月に同じ版元より上梓された前単行本「僕が膣内射精をするセカイ系な理由」は申しわけなくも購入をパス。よって当ブログで評価の俎上に載せるのはさらにもう1つ前で2016年発売のやはり当社刊「少女刑事アリス」以来。
なにやらホラーな雰囲気すら感じさせる妙にエキセントリックな表紙絵にはビビったものの、ページを手繰ればいつもどおりポップで健康的な一般青年誌系のタッチが出てきて安心。太めの描線で力強くつむがれる作画はさすがヴェテランの安定感だ。巻末の初出一覧や著者あとがきの記述を見るに描きおろしパートを除くと当版元のweb配信誌「comicクリベロン」で2014-17年にかけ掲載された原稿とのことで、作者はしきりにヴィジュアルの新旧差を気にしているけれどそこまで顕著な違いはなくトータルでの違和感はないかと。なお出版社提供の単行本情報ページから内容サンプルを閲覧できるので、四の五の言うよりみなさま自身で作画のテイストを確認するのをオススメ。
このたび我々の股間の悦楽にご奉仕してくれる女性陣は頭からシッポまでハイティーン制服女子専科。従来からこのへんの年齢層をもっとも得手とする作家であり彼女らの比類なきキュートネスは折り紙つきだ。いくらか差異はあれど基本的にはティーン特有の愛らしいお顔に大人顔負けビッグバストが付属するという男子の精をしぼり取るのに特化したデザインで息子も大喜びですよ。あと速野悠二の描くヒロインたちはこぞってカヴァーイラストでも誇示されるとおり下腹部の密集したジャングルを持つのが特徴的。こんもりお肉の乗った土手高JKまんこを覆いつくすかのごとくビッシリと生い茂ったアンダーヘアは一部好事家にとってたまらぬ光景だろう。
ワン・アイディアをテンポよく発展させる読み切りから大仰なガジェットを縦横無尽に広げる長尺ものまでどんなタイプのお話も描ける万能型の人だが、今回は3話構成の連作2つに単発2本と比較的とっつきやすい小品主体。連作の方は片やハードコアキメセク、もう一方が伝奇風味ヒロイン受難劇といささか不穏な趣向なものの、最終的は女子みな目を回しトロトロのイキ顔さらして絶頂するのでダークネスはかなり中和され読後感を悪くしないのがいいところ。残りの短編2本もプレイはエグいけどコミカルだったり甘ラヴだったりのこれまた読み口スッキリ系で、暗黒テイストにずいぶん傾斜していた2つ前の単行本よりはかつて一般誌でならしたころの芸風に近い感じ。
やや濃口の絵柄に比例するかのように濡れ場のノリはやたらとコッテリした感触のそれ。1本あたり24ページ固定のわりかし潤沢な容量を十全に活かしヒロインたちが日常の素朴な笑顔を淫乱アクメフェイスへと変貌させイキ狂う光景を活写する。ピンと乳首を屹立させぷっくりまんこを充血させてとエロパーツ周辺を生々しく描写しながら女子連中が陶酔しきったアヘ顔をさらし全力でファックに没頭するのだ。ことにコッテリ特濃ザーメンを膣内の肉ヒダひとつひとつでガッチリと受け止める詳細射精断面図フィーチャーは出色で、日本語にならない咆吼を発しだらしなくベロ出しながらたっぷり種つけされ昇天のえげつない艶姿を前にして読み手の精嚢もたちまちスッカラカン。
まだまだあどけなさの残る制服少女はしかしながら薬やゲームプレイなどを引き金に一転発情モード。ムチムチボディを自分から白日の下にさらしほおを上気させながら目前の男根へしゃぶりつく。執拗に竿を舐め上げたちまち第1ちんこ汁を搾取したのちこんどは密林の奥にうごめく秘密の花園をご開帳して挿入を待機するのだ。待望の暴れん棒がねじこまれ激しく内奥を突き上げられて女子どもたまらず目をグルグル回し淫語マシンガン連射のお下劣すぎる痴態をさらけ出す。獣のごとく嬌声をまき散らしながら柔肉を独立した生きもののように蠕動させしきりにザーメンを搾取しようとする肉食動物さながらの淫乱ぶりがたまらない。いよいよ感極まりヨダレたれ流しながらイクイク連呼する彼女のドスケベまんこめがけ最後に特濃ザーメンの奔流をお見舞いだ。
いかにも「注入してるんだ!」という実感の湧く秀逸な膣内射精断面描写は現役エロ漫画家中でも五指に入るスグレモノながら、私的嗜好からすると強烈無比なアヘ顔百面相に若干のやりすぎ感を覚え相殺するとこの抜き評価となる。とはいえガチエロ完全転向からそう歳月が経っていないことを思えば驚くほどの順応ぶりであり、できればもっとメジャーなエロ漫画誌で執筆し幅広くその実力を見せつけてもらいたい作家のひとりだ。収録作いずれもたいそうユースフルだが、あこがれの幼なじみ/ドSメガネ腐女子/才色兼備腹黒生徒会長を媚薬で狂わせ次々とご賞味の連作「ジャンキーJK強制捜査」がいっとうお気に入りですか喃。

ギャンブルレーサー

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/20購入。

-田中正恭「プロ野球と鉄道」交通新聞社新書 ISBN:9784330863184
-古川岳志「競輪文化」青弓社 ISBN:9784787234292

2018-02-19

本日の龍神総宮社。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ポン貴花田「あやつれ! シスターズ」エンジェル出版 ISBN:9784873067964
話△ 抜◎-○ 消小 総合○

居候先の美人四姉妹にこき使われる主人公だがふと発見した謎の笛の力で彼女らを発情させ犯りまくり射精しまくり表題作長編全10話。キュートネス炸裂の筆致でもってタイプの異なる女子4名に代わる代わる中田氏三昧の極楽ハーレム性活を頭からシッポまでみっちり搭載の作者最新刊はガチ成年仕様としての通算7冊めだ。
有為転変激しいライトエロ漫画界にあって今世紀初頭から現在に至るまでずっと最前線で活動するホンモノのリヴィング・レジェンドたるこの人、本拠地の方針変更で黄色い楕円ワールドに帰還してからも引き続きモリモリ抜きまくれる作品を量産している。執筆媒体こそ最盛期より減ったがガッチリ連載枠を確保し安定したペースで良作を送り出すフォード・システムの擬人化だ。そんなわけで前単行本「おこのみのまま!」刊行から1年弱の短いインターヴァルでこのニューエスト・モデルをお届け。なお掲載誌編集部ツイッターの発売告知から一部ショップ購入特典が参照可能なので、書店へ向かう前にそちらを覗いておくのを推奨。
もう20年近くになんなんとする長大なキャリアを誇りながら、ほどよく萌えテイストをまぶしたカワイイ系の絵柄はまったく古びない。作画のベースラインは2000年代前半でおおむね確立しているのだが、その後もことあるごとに細かくアップデイトをほどこし常に最新トレンドを吸収しているのがフレッシュネスを保ち続けている秘訣だろう。例によって収録作の初出を確認するとすべて2017年執筆の最新型ポン貴花田ということでクオリティは高値安定。
このファンシィなお筆先から生み出される女性陣は慎太郎シール誌のレギュレイションがもたらす制約上over18限定となり、今回は4人の抜き担当をJDと社会人女性とに配分。しかしながらもとより明確に童顔寄りのキャラメイクをする人であり、ルックスはどう見ても設定年齢より7、8歳は若い。とりわけ大学1年生設定の末っ子ときたら低身長/並乳デザインもあってロウティーンにも見えかねないほど。彼女以外はいつもどおりキュートな顔立ちにビッグバストというポン貴通常営業の訴求力高すぎる造形でありマイちんこも大喜びですよ。
1冊まるごとの長尺ものとなる今回の連載シリーズは基本タイマンラヴの前作から豪華絢爛女体回転寿司へと変化。都会の予備校へ通うため遠戚宅に居候することになった浪人生・吉崎令(よしざきれい)。そんな彼を出迎えたのは両親不在の邸宅を守る羽鳥(はとり)家の4姉妹だ。在宅ワークの小説家にしておっとりゆるふわ系長女・市乃(いちの)、チャキチャキ姉御肌のOL次女・きさら、正統派美少女ながら男嫌いのケがある三女・観月(みつき)、無口マイペースなちんまいアリスの四女・芳香(よしか)。受験勉強に専念するはずが生活能力皆無な4姉妹に代わり家事全般を担うハメになった令だが、納屋の掃除中に見つけた小さな笛が彼の運命を変える。それをひと吹きすれば羽鳥家の女たちはたちどころに発情し自分からちんこをねだってくるのだ。かくして毎晩笛を鳴らし姉妹たちと肉欲に明け暮れる後宮生活がはじまる――というのが物語のアウトライン。もっともだからといってそれ以降に本格的なMC調教へ行ったり酒池肉林乱交にエスカレートしたりしないのがポン貴花田ならではの味。催淫効果をもたらす笛の種明かしがなされたあとはマクガフィンとしての機能を失い、姉妹ハーレムはやがて本命へとターゲットが絞られ徐々に純愛模様へ変容するので、波瀾万丈ハードコアエロをお望みの方は正直肩すかしを食らうかも。でもこのヌルい展開こそがこの作家の魅力の源泉だし、それゆえに最後ハートウォームな決着へとつながって我々も心ほっこり股間はモッコリさせてもらいうれしく感じるのだ。
1話あたり18ページを平均に若干前後のタイトな分量であり濡れ場総量も飛び抜けたものではないけれど、ヴェテランならではの熟達の手腕によりむっちり艶めく肢体が入り乱れ愛らしいイキ顔さらして絶頂の4姉妹の痴態が効率よく盛りこまれてチンピク度ド高め。描線自体はシンプルなのに乳首周りやまんこ周辺のぷっくり感がたまらなく扇情的で、晴れてガチ成年指定となってから遠慮なくフィーチャーされた性器結合/射精断面図がそれをブースト。四者四様の美麗おっぱいを振り乱し子宮の奥まで精液注がれて昇天の眼福すぎる光景にぼくらの摩擦運動もはかどりまくり。
闇夜に響く妖しげな響きが姉妹の心を狂わせる。ほおを火照らせ瞳を潤ませて発情モードの彼女らはみずから濡れそぼつ秘密の花園を押し広げしきりに挿入を懇願するのだ。いきり立つ怒張を飲みこみ自分で腰を使って快楽享受に没頭する女たちのはしたなさすぎる行状を目の当たりにしていっそうエレクチオン。コツコツ内奥を突き上げられるたびハート目でイクイク連呼の彼女らのドスケベまんこめがけ最後にたっぷりと白くねばつく液体をお見舞いだ。
前作はヒロイン造形をアダルト方向に寄せすぎて私的実用度が低下ぎみだったのだけど、童顔巨乳系でルックスを統一したこちらではモリモリと息子を活用(まあ姉妹それぞれでいくらか使い心地に差は出たけども)。タイトルや宣伝文句から本格的な精神支配ハーレムものを想像した方にとっては穏健すぎる内容かも知れないが、この肩のこらない普遍的なラヴコメ仕立てこそがポン貴花田漫画の真骨頂と思うのですよ。絵柄の資質的にもっとも向いているはずの巨乳JC/JKがおがめないのを呪わしく思うものの、いつの日かそれがかなうことを願いつつ本作でも大いにヌキヌキ。おのおの個性的な4姉妹たちのなかでは、表紙にも抜擢の序盤ツンぎみ終盤デレデレな三女・観月さんが最愛でございます。

近代の超克

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/19購入。

-文京洙「済州島四・三事件」岩波現代文庫 ISBN:9784006003777
-菅原潤「京都学派」講談社現代新書 ISBN:9784062884662

2018-02-18

今宵のメリーゴーランド。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ぱふぇ「Fallen Justice -正義失墜-」キルタイムコミュニケーション ISBN:9784799211199
話○ 抜○-△ 消小 総合○

悪辣な企みに陥れられ身も心も隷属させられて短編全9本。凜とした騎士団長に任務に精勤するエージェントや誇り高き捜査官など清廉潔白ガールズ&レディースを分泌物にまみれさせ単なる欲望まみれのエロメスへとおとしめてゆく一連の転落プロセスをじっくりねっとりお届けの作者最新刊は通算11冊めにして本レーベルからの第9弾コミックスだ。
いきなりおわびを申し上げておくと、当版元の活字/漫画混載誌「二次元ドリームマガジン」でゼロ年代中盤くらいからずっと活動を続けすでに単行本刊行数も2ケタにのぼるこの作家についてはこれまでまったく評価の俎上に載せることがなくお恥ずかしい限り。じつはその存在についてはキャリアも駆け出しのコアマガジン在籍時代から見知ってはいたものの購入にはなかなか至らなかった。てなわけで長らく縁のなかった人ながらようやくの初チャレンジでございますよ。
のっけから拘束され変な液体を下腹部へ注がれながら苦悶の表情を見せるくっころ系女子フィーチャーという想定購買層の嗜好をピンポイントでわしづかみのナイスな表紙がお出迎え。やや古風ながら端整なアニメ系の絵柄は中身のモノクロ絵でも共通で、エロ漫画界の最新流行とはズレた感じだけど題材にはジャストフィットだ。収録作たちはほとんどが二次ドリ掲載の作品で、2014-17年と執筆時期に幅はあるが原稿の新旧間で極端な差異はなくジャケ買いも安心。なおKTC恒例のむやみに浩瀚なコミックス情報ページで大量のサンプル画像がおがめるほか、同時リリースされた電子版の紹介ページからはこれまた太っ腹なことに50ページ以上にもわたる試し読みへのリンクが貼られているので、ぱふぇ未体験の方はぜひ書店ダッシュの前にチェックすべし。
この見目うるわしき筆致から生み出される女性陣はほとんどが非現実世界の住人ゆえ推定ではあるものの、おおむねハイティーン~20代中盤附近の黄金世代で占められる。明確にキュート寄りなそのお顔は大きな瞳からピンと伸びたノーブルなまつ毛が印象的。昔はその部分がもっと極端に強調され触覚と間違えそうだったのだけど、久しぶりに見たらだいぶ収まりよくなっていてビックリですよ。一方で首から下はボンキュッボンのモデル級グラマラス体型で、2次元でしかあり得ない垂涎の完璧ボディが読み手の情欲をどこまでもかき立てるのだ。
1本を除き各話登場ヒロイン自身の名が表題に掲げられた単発読み切りからなる物語たちはかつてのキルタイムの王道たる異世界舞台の凌辱調教ストーリー仕立て。昨今は二次ドリだとまだしも当社もうひとつの看板誌「コミックアンリアル」などはむしろ和姦ネタの方が多かったりもするのだが、単行本タイトルどおり正義を体現する善玉女子連中が悪役のゲスい野郎どもに裏切られたり奸計を仕掛けられたりしてセックスの魔力にとらわれては肉欲の隘路へと堕ちてゆく光景を前にして往年のKTC読者ならば「これだよこれ!」と膝を叩くこと必至。展開こそベタながらどの話も世界観やヒロインの属性に転落へ持ちこむ趣向まですべてを細かく違えひとつも印象のダブりがないのはじつにみごとでまさにプロのお仕事といえよう。
当然のことながら濡れ場は頭からシッポまで問答無用輪姦強姦専科。1本あたり20-24ページの平均的な分量ながら、定石にのっとったスムーズな展開でエロシーン突入は早くファックも充実。1on1あり複数姦あり、男性ちんこのほかフタナリや触手など特殊仕様も用意して万全の態勢だ。上品な絵柄ともあいまって行為自体は飛び抜けてハードコアではないけれど、なんと言っても恥辱に顔をゆがめ瞳に憤怒の色を浮かべるヒロインの表情が犯られてる感満載で読み手の嗜虐心をそそりまくる。そんな気丈な彼女らが結局のところ最後はちんこパワーに屈し汗と涙と精液まみれで幾度もイカされまくるのだからたまりませんね!
悪を斬る正義の戦士も不正を許さない敏腕捜査官もそろって奸賊どもの悪辣な罠にかかり囚われの身。耐えがたい屈辱を感じながらも毅然として悪党たちをにらみ返すヒロインにはしかしながらすでに媚薬や魔術などを仕込まれ転落の儀式がスタートしているのだ。やがて効果が現れ意志に反して身を火照らせる彼女はいつの間にか着衣をはぎ取られお口へシャフトが差しこまれ奉仕を強制されるが、そのころにはすでに抵抗のすべもない。あっという間にその柔肌へ熱い精が放たれ自然に濡れそぼった蜜壷へは次なる男根がねじこまれて貞操はなすすべなく奪われる。膣内のみならず穴という穴へ暴れん棒が行き交い前進をスペルマ漬けにされては未曾有の快感に豊満な体躯を打ち震わせ初めてのメスの嬌声を発する痴態に男たちはいっそう興奮。ゴリゴリ内奥を貫かれるたびはしたなくよがり狂い四方八方へハートマークを乱射する彼女の品行方正まんこへ怒濤のごときザーメンの奔流を叩きつけ女体征服ミッション完了だ。
由緒正しき凌辱調教堕ちものエロスを遺漏なくくり広げ気高く清楚なヒロインが畜生以下の肉便器へと転落していくまでの一部始終を美味しく堪能のウェルメイドな1冊。個人的には性転換したり女の子がちんこ生やしたりの一部作品で抜き度が低下したものの、非現実世界に慣れ親しんだ諸兄ならむしろそのへんはご褒美かと。流麗ながらも若干オールドタイプな作画やいにしえの様式美を体現したお話運びは2018年最新トレンドとは乖離しているが、それゆえに昔ながらのファンタシー系ダークエロを愛好してきた方々にとってはホッとひと息つけるオアシスのような存在だろう。このたび収録の作品中では、カジノで大損した冒険者パーティの修道女が代償としてソープ嬢まがいの行為をさせられ大量の男根まみれで絶頂「シスターオリビア」と、女子高生兼淫魔ハンターのヒロインがバトルのさなか淫紋を仕込まれ学園内でドスケベな痴態を披露の「退魔拳師 赤城飛鳥」がフェイヴァリット物件。

湯けむりスナイパー

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/18借出。

-新藤宗幸「原子力規制委員会」岩波新書 ISBN:9784004316909
-田中康弘「ニッポンの肉食」ちくまプリマー新書 ISBN:9784480689931
-篠遠泉/長岡努/永瀬美佳「ぶくぶく自噴泉めぐり 改訂新版」山と渓谷社 ISBN:9784635080118
-A・レイデン「宝石 欲望と錯覚の世界史」築地書館 ISBN:9784806715481

2018-02-17

ﻟﻪﯕﻤﻪﻦ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/17購入。

-森薫「乙嫁語り(10)」エンターブレイン ISBN:9784047348295
-中野晃一「私物化される国家」角川新書 ISBN:9784040820842

2018-02-15

今季の定位置競争。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-山田タヒチ「夕闇の女子交性」コアマガジン ISBN:9784866531519
話△ 抜○-△ 消小 総合△

ビルのすき間の暗がりでひとり自慰にふける少女とそれを目撃したクラスメイトとの互いにむさぼり合うセックス前後編+学校という器のなかでひそかに醸成され解放される浅ましい肉欲の地獄絵図連作4本&2本+独立短編3本。情念うず巻く烈しい筆致でもって人間がその理性のタガを外し一匹の獣へと先祖返りしてガツガツ交合にふける壮絶な光景を怒濤のごとくお届けの作者最新刊は抜き物件としての通算10冊めにして黄色い楕円仕様としての第9弾、そして当レーベル物件としての2ndコミックスだ。
本稿でははじめて取りあげるけれど、この人はすでに前世紀末には作家活動を開始していた大ヴェテラン。ことに旧体制の「コミック夢雅」(桜桃書房刊)およびそのスタッフが移籍し創刊した「Comic Mujin」(ティーアイネット刊)で押しも押されぬエースとして大活躍していた2000年前後がもっとも脂の乗っていた時期だろう。しかしながらだいぶ長いこと消息を聞かずにもう廃業したのかと思っていたところいきなりこの新刊発売の報を目にしてビックリ。そんなわけで大昔にマイサンもお世話になったこの作家の本を10数年ぶりに購入してみましたよ。
さっそく我が家へ届けられたこちらを開封して、まずは過去のイメージとえらく変わった表紙絵に驚く。なんだかずいぶんいま風のスッキリしたタッチになってるじゃないですか。というのも以前のこの人は「ネオ劇画」とも呼ばれた荒々しい描線が持ち味。それが昨今の流行も適宜取り入れた滑らかな作画になっているものだから違和感バリバリですよ。ただしその印象は序盤だけで、途中から10年以上も前に掲載の過去作品が収められておりそこからはパブリック・イメージのままの山田タヒチ。巻末著者あとがきを見るとこれら未収録作の救済を主な目的としてこのコミックスが刊行された模様。そんなわけでカヴァー絵を見ただけでジャケ買いするのは危険であり、店頭見本をチェックできない環境の方は版元公式サイト内の著者別紹介ページでこの新刊でなく当社前作「アイヨク」(2004年刊)のサンプル画像を確認しておくのが吉。というのも「夕闇の女子交性」サンプルには古い絵のが載っておらず、前作画像の方がテイストを正しく反映しているがゆえ。
このなつかしさただよう旧作パートと新規作画分と、いずれも登場ヒロインはハイティーン巨乳女子固定。といっても古い作品では心持ちおっぱいサイズひかえめで、近年のエロ漫画界全般における爆乳シフトを同一作者の比較において見てとれる仕掛け。ルックス的にはキュート寄りながら独特の黒目がちな瞳の処理は昨今流行りのそれとはだいぶ乖離したタイプで、最近になってからエロ漫画を読みはじめた若い層には受容のハードルになるかも。
物語の方も新作/旧作でそれぞれテイストの違う2層構造となっている。まず冒頭からの直近執筆分は関連性のない単発読み切り3本で、ガチ凌辱ありコミカル3Pありのアラカルト料理。そして2004-05年にかけ集中掲載されたものが収録された中盤以降は変則的な構成ながら全体を通じ「ウツボカズラ」という名のシリーズとなっている。地味な少年少女が建物の陰で人目を忍び情事に没頭する前後編、我を通さず積極的に人助けする好青年がにわかに変貌し本性をむき出しにする連作4話、教師に侵され続けるうち心を病んだ女生徒が延々と刹那的なファックをくり広げる別の連作2話……いずれもどす黒いリビドーがむき出しにされ殺伐とした欲望だけが行き交う陰惨とした展開で、読んでるこっちまで読後に鬱々と心が塗りこめられること請け合い。ただ前記のあとがきでも述べられているが、諸事情あって作者自身が中断したとあるとおり、この陰鬱な物語は特段の解決がなされることなく道なかばでそのまま放置される。それゆえに随所でしばしば反復される食虫植物・ウツボカズラのモティーフが最後どのように収束するのか我々には判然とせずモヤモヤが残ってしまうのだ。おそらくこれまで単行本化されなかったのもその未消化感が原因だと思うが、そんなわけでお話にある種のカタルシスを希求する向きには積極的にオススメできかねることをあらかじめお伝えしておく。
1本あたり16-20ページとかなり容量はタイトながら、かつてTIのハードコア路線を牽引したその実力は掌編でも遺憾なく発揮される。ことに女子連中の常時おびえたような表情が本番突入後狂おしく乱れメスの顔へと変貌するさまが読者の内なる嗜虐心を刺戟し股間の高揚に貢献。加えてこの作家得意のえげつない性器結合部ドアップ&ド派手な液汁まき散らし描写も昔お世話になったときの記憶そのままに怒濤のごとくくり広げられるのだが、この部分は現在のコア物件の宿痾とはいえ大きめの黒ノリ修整でだいぶ減殺されるのがつらいところ。山田タヒチ特有のデカクリ屹立が黒々と隠されてしまうのは挽回し得ないマイナス点でここは残念無念。そうはいっても新作パートでは昨今流行りの性器断面図やアヘ顔描写など最新トレンドも積極的に取り入れていて、この作家が決してマンネリズムにおちいらず前進を続けている事実を確認できたのは収穫だ。
いにしえの思い出は色あせることなくさらには今後に向けての楽しみもできてうれしく思ったものの、2018年発売のエロ漫画単行本として純粋に評価すると古めかしいタッチやキツめの消しはやはり減点要素となってしまう。とはいえコレクターズ・アイテムとしては初出一覧も完備しておりその目的で購入するのなら太鼓判のできばえ。なお現在はコアのほか一水社で熟女系主体に執筆しているようで、去年はオール新作の単行本も上梓しているとのちにググって知り自分のもの知らずぶりに恥じ入るばかり。そんなわけでアダルトさん中心のはともかくJKネタならば次作以降の山田タヒチ作品を積極的にチェックしていきたい所存。マイちんこ的には新しめのお話のがやはりうれしくて、同級生男子との逢瀬を担任教師に目撃されたヒロインが中年男のちんこに屈する冒頭短編「奪われカノジョ」がfeel so good。

当たりが出たら

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/15購入。

-ホーン川嶋瑤子「アメリカの社会変革」ちくま新書 ISBN:9784480071101
-「COMIC快楽天BEAST」2018年3月号

2018-02-14

我輩はカモである

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/14借出。

-熊野純彦「マルクス 資本論の哲学」岩波新書 ISBN:9784004316961
-畑村洋太郎「技術の街道をゆく」岩波新書 ISBN:9784004317029
-黒田基樹「北条氏康の妻 瑞渓院」平凡社 ISBN:9784582477368
-A/M・スワンストン「アトラス世界航空戦史」原書房 ISBN:9784562046645

2018-02-13

涙のフィーリング

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/13購入。

-須賀達郎「帷子しずくはリードしたい!(1)」泰文堂 ISBN:9784803011555
-「comicアンスリウム」2018年3月号

2018-02-12

今晩の鯨飲馬食。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-たらかん「処女が4人、家にやって来た!!」ティーアイネット ISBN:9784887746787
話○ 抜○ 消小 総合○

遺産相続とともに主人公宅へ突如転がりこんできた女の子4人と夢の犯りまくり性活がスタート長編全5話。タイプの異なる女子連中のJKまんこを代わる代わるゴチになり毎朝毎晩中田氏三昧という全男子垂涎の光景を目の前で次々に具現化の作者最新刊は通算4冊めのコミックスだ。
定期購読こそしていないものの、さまざまな色合いの執筆陣が集い怪作を続々と生み出す当社の看板雑誌「COMIC夢幻転生」発の作品はけっこうな頻度で購入しレヴュウの俎上に載せている。そう言いつつすでに既刊3冊を数えるこの作家についてはいままで申しわけなくもスルーしてきた。というのもこの人は飲尿だの右手少女だのニッチすぎる題材をモリモリ手がける同誌でも極めつけの個性派で、性的嗜好が超保守的な自分はまいど店頭見本をチェックするたび「さすがにプレイが特殊すぎて抜けん……」とスゴスゴ撤退続き(なおその華麗な足跡は版元提供の著者別紹介ページで確認できる)。そんななか今回はオーソドックスなハーレムもの単行本だと聞きついに勇気を出してチャレンジしてみた次第ですよ。
コミックス表題どおりに女子4人がいきなり迫り来るインパクト抜群の表紙でツカミはOK。オーソドックスな一般青年誌系の絵柄は細めの線を密に重ねるモノクロ原稿の画面処理が特徴的で、カヴァーイラストだけで判断するよりは実際に書店で内容見本を確認するか出版社公式サイト内の単行本情報からサンプル画像をチェックしておくとまた印象が変わると思う。残念ながら収録作の初出明記がないがググってみると2017年初頭に第1話が夢幻転生に掲載されたようで、たらかん最新型の洗練されたヴィジュアルが堪能できる仕掛け。
雑誌初出時は「ハーレム生活」といういささか即物的なタイトルで連載されたこちら、1冊まるまるの長尺ものにしてじつにノーマルな題材の直球ハーレムネタだ。個人的にこの作家のイメージは前述したようなとびきりの変化球ぞろいという感じだったので、エロ漫画の王道たる女体回転寿司を持ってきたのは意外。ストーリー展開もまさにこの手のフォーマットどおりのお話運びで正直目新しさはないものの、そのぶんお約束どおりの進行を逐一確認しながらちんこを握る手はひたすら摩擦運動に専念できるという寸法だ。
早くに父母を亡くし大富豪の叔父を親代わりに育ったヘタレメガネ高校生・白樺幸太郎(しらかばこうたろう)。そんななか叔父が急死し天涯孤独となった彼の家にやって来たのは遺言により相続した財産となぜか4人の女の子。物腰おだやか爆乳お嬢さま・北條夏樹(ほうじょうなつき)、グイグイ押してくる自己中巨乳メガネっ娘・上月菜緒(かみづきなお)、生真面目だけどツンツン冷たい並乳体育会系女子・桝岡ひふみ(ますおかひふみ)、黒髪ロング貧乳引きこもり少女・相羽梢枝(あいばこずえ)の各々いわくありげな彼女らと同じ学校に通いつつ一つ屋根の下での生活がはじまるのだった……というのがストーリーの発端。人付き合いの苦手な幸太郎は急ににぎやかとなった我が家にとまどいながらも徐々にその暮らしを受け入れ、ぎこちなかった彼女らとの関係もときには自然に、あるときは強引に進展しめでたく後宮の王として君臨するに至るのですよ。序盤は終始受け身で最初は逆レイプぎみに童貞を奪われた主人公が徐々に自信をつけやがて自分から行為を主導する後宮の王として立派に君臨するという、ハーレムものとしての定石を踏まえつつひとりの男子が大人へと脱皮するある種の成長物語として受容することも可能な筋立てといえよう。
1話あたり40-44ページという特大ヴォリュームのうち全員集合の最終話を除けば各回が4人それぞれの各個撃破の舞台となり、必然的にタイマンラヴ密度はやたらと高い。本番のみならず前戯や事後シーンにもたっぷり尺を割いて性の歓びを知ったばかりの2人の心と身体の高揚を活写だ。逆に言うと複数姦ものならではの2穴/3穴同時攻略には最終盤以外それほどプライオリティを置かれていないので、同時にまんこをズラリと並べてご賞味の醍醐味を堪能したい方は欲求不満が残るかも。個人的には1on1エロの方が好みなのでこの構成はむしろうれしい誤算。加えて女の子それぞれにプレイの好みだの所有する性癖だのを明確に持たせ彼女らの濡れ場を四者四様に差別化する巧みな作品構築にはうならされた。ここにこの作家特有の初々しくも愛らしいテレ顔→理性のタガを外しだらしなく絶叫するドスケベアクメフェイスへのドラマティックな変貌ぶりや粘度の高い分泌物が激しく飛び交うダイナミックファックが加わり読み手の興奮を効果的に励起。
腹に一物ありげな女子連中もいつしか主人公と熱烈LOVEモードへ突入で覚えたての快楽のとりこ。自分から股間へがっついて目の前のシャフトをお口でくわえこみ舌先で執拗に亀頭を責めたてる。辛抱たまらず先走り汁を放ったのちも彼女は休息など許さず自分から屹立したままの怒張を蜜壷で飲みこんでいくのだからたまらない。覚悟を決め粘膜どうしのハードな摩擦運動を開始すればそれまでの余裕の表情などどこへやら、女子どもたちまちほおを紅潮させ瞳をうるませながら体内を突き抜ける衝動に全身を打ち震わせるのだ。ハート目見せつけエロワードを周囲へばらまきながら液汁まみれで昇りつめてゆくヒロインズ4人の許嫁まんこに受胎間違いなしの特濃孕み汁を次々に注入しハーレムの狂騒はなおも続く。
エロ漫画的お約束の題材に乗っかりつつも個性豊かなヒロイン造形や彼女らのそれぞれ異なったアプローチを見せる濃厚セックスでの痴態にグッと惹きつけられる1冊だ。初期のチャレンジャブルすぎるネタも読むぶんには非常におもしろかったけどこちらの路線の方が間口が広いのはたしか。なんにせよだいぶ不義理を重ねてきて心苦しく思っていたのを今回ようやくレヴュれて自分もうれしい。4人の女の子いずれも魅力的で大いにヌキヌキさせてもらったけど、なかでも序盤取りつく島もないツンツンぶりながらいったん陥落したのちは犬ティックにベッタリと甘えファックも超積極派に転向の活発スポーツっ娘・ひふみが個人的ベスト。

2つの夢 重ねて 迷わない Boy's don't cry

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/12購入。

-E・カッシーラー「国家の神話」講談社学術文庫 ISBN:9784062924610
-足立啓二「専制国家史論」ちくま学芸文庫 ISBN:9784480098436
-「コミックペンギンクラブ山賊版」2018年3月号

2018-02-11

雪はよごれていた

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/11借出。

-澤地久枝「妻たちの二・二六事件 新装版」中公文庫 ISBN:9784122064997
-武井弘一「茶と琉球人」岩波新書 ISBN:9784004317005
-岡崎武志「人生散歩術」芸術新聞社 ISBN:9784875865155
-A・ナゴルスキ「隠れナチを探し出せ」亜紀書房 ISBN:9784750515267
-G・ロートン/J・ダニエル「New Scientist 起源図鑑」ディスカヴァー・トゥエンティワン ISBN:9784799322079

2018-02-10

今夜のあぶな絵。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-えかきびと「チューにんぐ・すぽっと」ワニマガジン社 ISBN:9784862695437
話○-△ 抜◎-○ 消小 総合○

性に興味津々のキュートガールズがお望みどおりリアルちんこをねじこまれめくるめく快感にイキまくり短編全10本。ムチムチツヤツヤの童顔巨乳っ娘が積極的に男子の股間へまたがりド派手に絶頂する光景をかわいく激しくお届けの作者最新刊は通算2冊めのコミックスだ。なお単行本タイトル中のナカグロは本来ハートマーク表記でございます。
デビューは他社だがキャリアの早いうちに活動の本拠を当社刊の「コミックゼロス」へ移し以後の商業誌執筆はもっぱらここ。それから掲載ペースも順調でストックも着実にたまり2015年の夏にデビュー単行本「チューとりある!」を上梓した。そしておよそ2年半とやや間隔は空いたが無事に第2弾のリリースへとこぎ着けた次第。
前作もそうだが今回ものっけからおっきな瞳のラヴリィな女子がビッグおっぱいをまる出しにしてぼくらをお出迎え。いかにもアニメアニメしたその絵柄は全身にワックスをかけたみたく艶のあるテクスチャが特徴的で、若干人工的な風合いではあるものの非常に訴求力の高いタッチだ。収録作の初出を確認するとすべて2016年以降のゼロス掲載分と最新の原稿ばかりがピックアップされている。比較的まめに作画の微調整をする人ゆえ執筆時期の新旧間でいくらか雰囲気の違いは感じられるが、直近2年以内にレンジがおさまっている分おおむね許容範囲内かと。なおワニマガ恒例のコミックス情報ページでサンプル画像を参照可能なので、万全を期すのなら購入前にそちらをチェックするのがベター。
デビュー以来一貫してお子ちゃまフェイスにラージバストのドエロい女子を送り出し続けている人であり、それはむろんこの最新作でも同様。ハイティーン制服女子を中心に成人済み数名をプラスの構成ながら、お歳の上下に関係なくみな顔立ちは10代前半同然のあどけなさだ。それでいておわん型のみごとに盛り上がったバストや滑らかなビッグヒップが全員に標準装備されるのだからまさしく俺のような童顔巨乳スキーを狙い撃ちなボディデザインですね!
ストーリーラインも1冊めの傾向を引き継いで1on1の合意エロ専科となるが、だからといってイチャラヴ尽くしというわけでなく男女の関係性も濡れ場の進行も明暗濃淡さまざまなタイプの作品を提供する。ごく普通の学生にはじまり売れっ子アイドルまで、近親あり同級生同士あり年の差カップルあり、相思相愛熱烈ラヴから立場の差を利用して一方的に関係を迫るものまで多種多様な恋愛模様をお届け。なかにはレイプまがい/逆レイプ風味の強要ティックな展開もあるけれど、最終的にはどうにかこうにか穏健に収めるので読後感も良好だ。あと前作ではお話運びや科白まわしにギクシャクしたものを感じたのだけれど、今回は直近執筆のものほどそれらがスムーズに流れるようになり演出の意図も明確になって着実な成長ぶりがうかがえる。やはり継続は力なりですなあ。
1本あたり20ページ固定のそう多くない分量ながら、ヴォリューム感あふれる女体が画面狭しと乱舞する濡れ場はたいそうダイナミック。まるでグミのように表面は光沢を帯び中身は弾力に富んだムチツヤボディをいろんな分泌物まみれにしながら覚えたてのセックスに没頭し、ふだんのあどけない笑顔を淫蕩なメスのそれへと変貌させる女子連中の痴態を詳細中継だ。とりわけ瞳にハートを浮かべ舌先からトローリ唾液を垂らしては呼吸を荒げ四方八方に淫語ばらまきながらのイキ顔百面相は絶品。土手高まんこを景気よくこちらへ見せつけながらその奥へたっぷり熱い白濁のほとばしりをぶちまけられ昇天するヒロインズのはしたなさすぎる行状に自慰表明もはかどりまくり。
まだまだ子供だと思っていた少女も着衣のその下はすっかり育って大人顔負け。そんな彼女らの方からこれ見よがしに豊かな双丘をあらわにし滑らかな淫裂を自分からオープンセサミして誘惑してくるのだから無条件降伏せざるを得ない。すかさずルパンダイヴでたわわな体躯にむしゃぶりつきながら暴れん棒を狭隘な膣内へとインサートしちんことまんこのタイマンバトルを開始する。ちんまい肢体を抱えこみ性器結合部を公開するみたいなアングルでさらしながら激しく内奥を貫くたび少女の肢体は快感に打ち震えその表情は陶酔の色を帯びてゆくのだ。むっちりしたお尻を突き出しビッグバストを揺らしながら日本語にならない咆吼を発しはじめたら彼女の絶頂もすぐそこ。感極まりアクメ到達を自己申告するヒロインのドスケベまんこの奥深くまで大量注入だ。
クセは強いけれど非常に目を惹くヴィジュアルと女の子が歓喜におぼれ表情をクルクル変える熱っぽいエロシーンとの相乗効果が前作以上に読み手の股間をダイレクトドライヴする優秀な精液分泌支援物資といえよう。個人的にはいくつかある女子Sネタには身構えてしまうものの、反則的にえっちなこのロリロリフェイス+ムチプリボディの悪魔合体にまいど精巣のストックを空にさせられっぱなし。作画/作劇とも1冊めから明確にステップアップし今後の伸びしろも充分にある人なので、やがてはゼロスの屋台骨を担うビッグな存在となるまで日々邁進していただきたいもの。このたび収録のお話たちのなかでは、修学旅行のさなかひそかに思う女子から告られ先生の見回りもなんのその衆人環視のなか彼女と結ばれて「続きは布団と視線の中で。」と、舌先を吸うのが大好きな妹がこんどは下のお口で兄の陽物を吸いこみ精液飲み干しまくりの「妹はキス魔」がことのほかマーヴェラス。

えべおつ温泉

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/10購入。

-クール教信者「小森さんは断れない!(6)」芳文社 ISBN:9784832256637
-上明戸聡「日本ボロ宿紀行」鉄人文庫 ISBN:9784865370928

3月の新刊チェック。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
ソースはここ。

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_adult&group=label&term=month&date=201803&view=LIST&count=all(成年向け)

http://www.mangaoh.co.jp/catalog/product_list_day.php?category=comic_all&group=label&term=month&date=201803&view=LIST&count=all(コミック全般)


確定:emily・シロノマヒロ・みぞね・山崎かずま

追撃:えーすけ・ジェニガタ・冬みかん・ユズリハ・RAYMON

ってなとこ。

1月に出たのは再録本だったので空振りしたけど、emilyはこんどこそ完全新作のはず。あと人外甘ラヴの雄・みぞねの2冊めも待ちこがれまくっていたところでいまから全裸待機不可避。
一般漫画の方は「イチゴーイチハチ!(4)」、「八雲さんは餌づけがしたい。(5)」、「ど根性ガエルの娘(4)」なんかを購入しますかのー。

2018-02-07

今週のイカ天キング。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-GEN「リバーシブル・マインド」クロエ出版 ISBN:9784908099472
話○ 抜○ 消小 総合○

おぼこい真面目っ娘とドスケベビッチ、2つの異なる人格が同居するヒロインは片方のやらかした行状のせいで日々トラブルに巻きこまれ……長編7話+独立短編2本。華麗でキャッチーな作画を武器に波瀾万丈のラヴロマンスから問答無用ガチレイプまで多彩な物語をお届けのこちらは作者通算6冊めのコミックスにして本レーベルからの初見参だ。
はじめに深くおわびしておかなければならないのだけど、自分はすでに既刊5冊を数えるこの実力派作家に関しつい最近までまったく予備知識を欠いていたのである。だもんで最初はこの人のことを当版元の看板誌「COMIC真激」発の新人だと思い単行本を購入したのだ。それが注文到着後にググってみたらじつはゼロ年代後半から複数の出版社でお仕事し漫画のみならずゲーム原画や1枚絵まで手がける経験豊かなクリエイターなのだと知り驚愕。自分が常時チェックしていない媒体ばかりでキャリアを積んでいたとはいえおのれの無知っぷりに汗顔の至り。そんなわけで実績充分のヴェテラン作家なのに当稿が初レヴュウとなった次第ですよ。
すっぱだか女子の爆裂おっぱいを全面フィーチャーの訴求力高すぎる表紙/裏表紙がさっそく我々を熱烈歓迎。中身のモノクロ原稿もおおむねカヴァーの印象に準ずる端整なアニメ/ゲーム系の絵柄だ。目鼻立ちくっきりの顔立ちや斜線の入れ方などその描写はちょっとなつかしい雰囲気で、なるほどたしかに絵描きとして長い経歴を持つ人なのだと納得。初出を見るとすべて真激掲載分ながら執筆時期が2012-17年とやたらワイドで、加筆修正がほどこされているとはいえ新旧差はわりと明瞭だ。とはいえ最古の作品からタッチの基調はすでに完成形で極端な違和感はない。なお出版社提供の単行本情報ページおよび作者pixivアカウントの発売告知エントリで内容サンプルをたっぷりとおがめるので、店頭での見本閲覧が不可能な環境の方は先にそちらのチェックを。
このソフィスティケイテッドな筆致から生み出される女性陣は年のころハイティーン~20代前半あたりの黄金世代。いくらか乳サイズに差異はあるけれど総体としてはスラリとした頭身高めのトルソに大ぶりのおっぱいが附加されたグラマラス系の肢体描写だ。メイン級のヒロインにはエロ漫画購買層の最大公約数的需要にマッチした正統派の黒髪ロング大和撫子タイプが多いので世間へのアピールも万全。そんな彼女らが濡れ場ではこぞってド派手な痴態を披露するのだからたまりませんね!
本作コンテンツは大まかに2パート構成で、冒頭からの実質的なタイトル・チューンに相当する長尺もの「STG(stories of tangle gender)」、および後ろの短編2本「RPG(rape playing game)」/「ACT(acme catering train)」から成る。この凝ったネーミングはじつのところお話の内容までもほぼ敷衍するスグレモノの表題なのだが、それについては実際に読んでのお楽しみ。ただ今回は普遍的な輪姦ネタである読み切り作2本はまず措き、長編連載「STG」についての説明にリソースを割く。
夜の公衆便所で大勢の男たちを相手に女ひとり全裸でまんこをおっ広げ幾多の男根を飲みこみ精液まみれ。春華(はるか)と名乗る彼女は金さえ払えば好きなだけセックスさせてくれる正真正銘のビッチだ。夜明けまでただれた行為に没頭した春華の体躯が全員の前でいきなり変化し、それまでとはうって変わり羞恥にほおを染め遁走する。自宅へ戻った彼女は蓮っ葉な口調も影をひそめその生真面目な言動はまるでカタブツ学級委員長さながら。そう、夜は春華として活動するヒロインが昼間活動する本来の姿は引っこみ思案で奥手なOL・秋穂(あきほ)。というわけで清楚な秋穂/淫乱な春華の二重人格が周囲にもたらす騒動をベースに、秋穂の想い人である同僚男子・小手川(こてがわ)とのいっこうに進展しない関係を春華が手引きし結ばれる顛末、小手川に抱かれながらもきっかけが秋穂本人でなく春華の人格であったことに葛藤するさま、そして奔放な春華の撒いた種がもたらすとんでもない災禍などを経て彼らの恋物語は思わぬ決着を迎えるのだが……その詳細については貴方自身の目でご確認を。
春華/秋穂ふたつのキャラクターで体型さえも変化するひと粒で2度美味しい仕様を存分に活かし濡れ場は豪華絢爛。1話あたり20数ページの平均的な容量ながら、GEN特有のダイナミックなコマ割りや緻密なエロパーツ描写からなる非常に密度の濃いファックシーンが続々と読者の脳裡に供給されて勃起中枢の昂ぶりはとどまるところを知らない。加えて短編2本や冒頭長編中盤では情け無用のハードな輪姦がくり広げられ、前後の穴のほか乳首やヘソにまで怒張をねじこまれるのみならずフィストファックまでをも展開の凄惨な情景をフィーチャー。ピキピキちんこvsぷっくりまんこのド派手な肉弾戦がくり広げられるさまを大量の性器結合/射精断面図をバックに従えつつクライマックスへと邁進し、子袋の許容量いっぱいに特濃ザーメン斉射のフィニッシュへと到達。
その豊満な体躯を誇示するかのように見せつけ挑発する淫乱モードでも、恥じらい震えながらそっと最愛の男子に寄り添う清楚モードでも、いざ褥に横たわればその肢体をフル活用し快楽享受に没頭するのだ。完全無欠のゴージャスボディを男の手にゆだねながら敏感な部分を指や舌先で刺戟されたちまち秘密の花園を蜜であふれさせる。濡れそぼったそこへゴリゴリとシャフトをねじこまれ粘膜どうしの摩擦運動をスタート。暴れん棒全体を柔肉の襞が覆いキュッと締めつけながら蠕動をくり返すうち彼女も法悦の態。汗と涙とヨダレまみれのイキ顔を見せつけながら四方八方にエロワードを拡散だ。ニチャニチャ音を立てつつ自分から結合部をこすり上げてはビックバストをブリブリ揺らし未曾有の快感に全身を打ち震わせる。いよいよ感極まり執拗に膣内射精を懇願する彼女のリクエストにお応えし、おぼこ/ドスケベまんこの最深部めがけ白くねばつく液体を怒濤のごとく注ぎこみ性の饗宴もようやくフィナーレ。
作画/作劇とも非常に手慣れたものであり、かつGENならではの一貫したスタイルができあがっているまさにこれぞプロのお仕事。同じような輪姦ものと見せかけつつも異なるアプローチで魅せる後半短編2本もナイスだが、やはり対照的な2つの人格をそれぞれ日常パートにも密接に絡めつつ、ときにコミカルにときに真摯に、肉体だけの交わりも真心通じあう愛の交歓もヴァラエティ豊かにくり広げつつみごとにハートウォームな大団円へとつなげる「STG」の壮大なスケール感に圧倒された。これまでこの作家のことにまったく無知だったおのれの不明を深く恥じつつこんどはぜひ継続的にその足跡を追いかけたい所存。

2人のセレナーデ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/7借出。

-原田信男「義経伝説と為朝伝説」岩波新書 ISBN:9784004316923
-高見のっぽ「夕暮れもとぼけて見れば朝まだき」岩波書店 ISBN:9784000254274
-渡邉晶「大工道具の文明史」吉川弘文館 ISBN:9784642057745
-コロナ・ブックス編集部編「牧野富太郎」平凡社 ISBN:9784582635102
-「被爆列車75年の旅」ザメディアジョンプレス ISBN:9784862505279

2018-02-06

今月の三ない運動。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ゲンツキ「君想ふ恋」文苑堂 ISBN:9784861172861
話○ 抜○ 消小 総合○

ときに反発しすれ違う2人も本当の気持ちを告白したのちはただひたすらにゾッコンLOVE短編9本。青春バカップルズのむせかえるような純愛模様と滑らかな肢体を朱に染め最愛の人の精を注がれて絶頂するヒロインズの痴態とを端整きわまりない作画でお届けの作者最新刊は通算2冊めのコミックスだ。
当版元の看板誌「コミックバベル」創刊と同時に単行本レーベルの方も立ち上がりさっそくリリースを開始したのだが、当時駆け出しのキャリアながらいきなり発売第2弾の重責を担ったのがこの人のデビュー作「偏愛ヒロイズム」である。その後雑誌もコミックス刊行もともに順調でいまやすっかり業界の中堅どころとして定着した。そんなできごとからじつに3年の長きにわたる歳月が流れてしまったが、待ちに待ったこの人の2nd editionがようやく世に送り出されるのだからこりゃ買わざるを得ないですよ。
流麗な描線でつむがれる一般青年誌調の端整なタッチはこのブランクの間にますます洗練され、ここに精密画のごとくきめの細かいトーンワークが乗っかるヴィジュアルは上質のちりめん生地もかくやの滑らかな感触だ。収録作すべて2017-18年にかけてのバベル掲載分と最新型ゲンツキの筆致がズラリと並ぶこちらはまさにため息の出る美しさ。なお版元公式web内にある単行本情報からPC/スマホ版の試し読みページへ飛べるので、この作家未体験の方々はいきなり本屋へ直行するよりひと足先にそちらで超絶画力の真髄を体感しておくのをオススメ。
このあでやかな作画により醸成されるヒロイン連中は年のころハイティーン~20代中盤附近のゴールデンエイジ。どちらかというと「可愛い」というより「綺麗な」という形容の似合う大人びた造形ゆえ、JDや女教師などアダルト勢はもとより女子高生クラスでも実年齢よりだいぶ落ちついた艶っぽい雰囲気だ。ついでに言うと男子サイドも細面のさわやかな好青年ぞろいでございます。体躯の方は日本人離れしたえらく高い頭身に泰西名画のごとく完璧な黄金比の優美なプロポーション。みなさん基本巨乳寄りながら昨今のエロ漫画によくある顔をも凌駕するド迫力バストとかは登場せず現実的な容量なので、おっぱいは好きだけど極端にデカすぎるのは苦手というワガママな諸兄のニーズを十全に満たしてくれることだろう。
前作に引き続きくり広げられるお話は愚直なほどにオーソドックスな甘々和姦の殿堂だ。それも3Pだの4Pだのはひとつもない両想い男子女子のタイマンラヴに徹している。この人と美矢火丸和太郎を自分は勝手に「バベル純愛3人衆」と呼んでいるのだけど、前の2人がたまに変化球をぶちこむのに対しゲンツキはとことん唯一無二なベターハーフの構図にこだわっているのがおもしろい。同級生から先輩後輩や幼なじみ同士にはじまり、先生生徒やら兄妹やら姉弟やら多彩な関係性の彼ら彼女らがお互いを早くも永遠の伴侶と定めたかのごとく「もう君しか見えない」状態で熱く激しくメイク・ラヴにいそしむのだ。モノローグも会話もやたらと科白が横溢していた前回収録作に比べ言葉の量は若干落ちついた感じだけど、恋する男女の率直な心情を遠慮会釈なく吐露するラヴワード剛球炸裂ぶりはやはり変わらず、全編に目を通したのちはあふれ出すこっ恥ずかしさに部外者たる読者までほおを赤らめること必至。
1本あたり18-26ページと総分量にやや幅はあるけれど、熱愛カップル2人だけのクローズドな空間ゆえ尺の長短を問わず濡れ場突入はスムーズでエロシーン密度も充分。奇抜なシチュとか特殊な性具などいっさい出てこない純粋な肉体言語の応酬に過ぎないのだけど、ゲンツキ得意の高揚する科白まわしで愛の言葉が飛び交うなか展開される熱っぽい情交にはこねくり回した技巧など不要なのだ。子供のころからの気安いやりとりから一歩踏み出し、あこがれの人へあふれ出る想いを告げて、素直になれない態度のその奥にある本当の心と向き合いながら、相思相愛の2人は遅ればせながらも恋に落ちてゆく。
いよいよ心中を打ち明けたのちはようやく愛し愛しあう気持ちを表に出してタイトに抱き合う。ステディな女子の汚れなき肢体からゆっくり着衣を剥ぎ生まれたままの姿になって彼女の肌へ熱く口づけるのだ。執拗に舌先を這わせ敏感な部分を指でまさぐるうち下腹部の淫裂はじゅんと蜜を帯びる。準備万端のそのなかへ屹立したシャフトをゆっくり差し入れ前人未踏まんこへの進撃開始。破瓜の痛みに耐え涙を浮かべるヒロインを気遣いつつも亀頭の先に殺到する衝撃を抑えられず彼はしきりに腰を使い内奥を突き上げては未曾有の感覚に2人しておぼれるのだ。もはや誰はばかることなくスキスキ連呼しながらファーストアクメまで一気に昇りつめてゆく彼女の恋人まんこめがけ熱い白濁のほとばしりをたっぷりとぶちまけたその刹那両者ダブルノックアウト。
凌辱だのNTRだの変態プレイだのには目もくれずひたすら想い想われバカップルズの糖度1000%熱烈イチャイチャを全編にわたりくり広げるいつものゲンツキワールドを今回もたっぷり摂取だ。前作刊行直後からしばらく誌面にまったく登場しない時期があり心配したけど、現在は掲載ペースも元どおりになって次なる3冊めはそれほど待たされずにすみそう。幾多の登場ヒロインズのなかでは正統派の黒髪ロングよりこの人作品ではマイノリティとなる短髪女子の方が好みな自分は、長年の幼なじみ同士がようやく男女の仲へとステップアップ「ファインダー」と、日々幼なじみとゲームするだけの放課後はある日突然エロゲさながらの展開となって「そんなフラグは立てた憶えはない!!」のショートヘアっ娘登場2作品が最愛。

Les Particules élémentaires

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/6購入。

-M・ウエルベック「闘争領域の拡大」河出文庫 ISBN:9784309464626
-「コミックペンギンクラブ」2018年3月号

2018-02-04

本年度のメフィスト賞。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-星憑ネオン。「少女連続誘拐事件」ティーアイネット ISBN:9784887746770
話○ 抜○ 消小 総合○

東京から南海の離島へ転校してきた主人公は突然のモテ期到来で次々とJKまんこをゴチになるも、彼と関係を持った女子たちはその後どういうわけか姿を消してゆき……長編全6話。孤島で花咲く酒池肉林ライフとその陰で進行する身の毛もよだつ陰謀とをパラレルに堪能できる前代未聞のエロス&ミステリをお届けの作者最新刊は当名義での5thコミックスだ。なお本作からペンネーム表記の末尾に句読点(「。」)が添付される形となる。
以前の筆名である「さきうらら」時代も含めれば10年以上にわたり当社の看板誌「COMIC Mujin」/「COMIC夢幻転生」でレギュラー掲載枠を確保し続ける大ヴェテラン。TIに来る前は他社で前世紀から仕事し単行本を出していたからそれも合算すると現役エロ漫画家としても相当に息の長い部類に入るだろう。自分がこの作家のキャリア最初期にその存在を知ったころから現在まで絵柄も芸風もずいぶんと変遷はあったけれど、2018年のいまに至るまで第一線に立ち続けているのだから最大級の敬意を払うにやぶさかでない。
2016年末に刊行された前単行本「いもうと4人、みだれ射精ち」から1年ちょっとといつもどおりのペースで送り出されたこの新作、この版元の物件としてはめずらしく初出一覧が付属していてまことにありがたいこと。それによると全編2017年以降の夢幻転生掲載分ということでこの作家最新の筆致を目にすることができる。デビュー当時の繊細で壊れそうなタッチはずいぶん力強さを増したけれど、細めの描線で端整につむがれるいささか頽廃的なラインはあいかわらず他にない個性だ。なお例によって出版社公式サイト内の単行本情報ページからサンプル画像閲覧や1話試し読みが可能なので、星憑ネオン。初体験の方はそれらを確認したのち購入可否の判断を。
今回は1冊まるまるの学園ものゆえ必然的に登場ヒロインズはJK専科と言いたいところだが、女教師が参戦したり回想シーンでアダルトさんが犯られたりで従来からこの作家の描く熟女が大好物な層にも配慮する。作品の性格上人間関係の綾が複雑でメンツも増え登場人物の差別化に苦心しがちなところ、外観的特徴と性格造形のいずれも個々にキッチリ描き分けているのはさすがの職人芸(なお意図的に相似形のルックスにしてあるキャラもいるのだが、それは本編を見てのお楽しみ)。女子のおっぱいサイズも貧~爆までじつにワイドで、あらゆる方面のニーズに対応できる仕掛け。
雑誌初出時は「蓮葉島(はすはじま)の娘達」で連載された長尺シリーズが本作コンテンツの全容となる。単行本化に当たり内容に即した表題とAVさながらのマヌケなサブタイトル「裸のぬるぬるアイランド」が賦与されたが、最後まで読んでみるとこの副題もそれはそれでジャストフィットだと気づくはずだ。もとより長編志向の作家であり今作も従来の路線を踏襲するものだが、カヴァーの惹句や各種媒体での宣伝で高らかにアピールするとおりミステリやサスペンスの要素をふんだんに盛りこんだのがこの新刊の特徴。
南国の小さな島にある女子ばかりの高校に都会から転校してきた主人公・中環零(なかたまきれい)。冴えないルックスで運動音痴の彼は当初バカにされるも帰国子女と知れて一転周囲からチヤホヤ。零が自分のイトコでありなん度か島へも遊びに来ていたことに最初気づかなかった幼なじみ・芳乃(よしの)が、彼のモテっぷりに焦り独占欲を起こして熱烈アタックを敢行するところからお話が動き出す。彼女をはじめ個性的なクラスメイトたちが次々とまんこおっ広げてくるところを美味しく頂戴のハーレム性活が零の目前で実現するのだが、彼とセックスした少女たちが続々と消息を絶つものだから学園は騒然。さらに最初に姿を消した芳乃がそののち水死体で発見されるに至り事態は緊迫の度を増す。この連続誘拐事件を目の当たりにして島の住人は古くから伝わる土地神「ハスハオロコ」の祟りだと噂するが……と本格ミステリさながらのドラマが次々とくり広げられるのですよ。そして中盤以降に挿入される過去の回想から事件の背景が示唆され、さらにすべての事象の後ろで糸を引く真犯人が最後に正体を現してストーリーの盛り上がりも最高潮に達するのだが、そのスペクタクルな結末はむろんここでバラすわけにはいかないので本書を買ってね!
スリル/サスペンスもいいがむろん抜き物件たる本作はエロスの方も盛りだくさんに装備。ストーリーの根幹に関わるクラスの女子連中とは当然のごとくガンガン濃厚ファックにいそしみ彼女らのヴァラエティ豊かなまんこたちへ代わる代わるザーメンを見舞うのだ。幼なじみの芳乃、ヤンキー性豪同級生・花崎七香(はなさきななか)、褐色スポ根ボクっ娘・足立律夏(あだちりつか)、零のサポート役ともなるソバカス眼鏡さん・千鳥史緒(ちどりふみお)、好奇心旺盛トランジスタグラマー・時田胡春(ときたこはる)、才色兼備先輩女子・瀬戸内秋帆(せとうちあきほ)、そしてド迫力ボディの女性教師・時田眞冬(ときたまふゆ)etc……。多種多様な女子連中が全員そろってゴリゴリ巨根をねじこまれ子宮口の奥まで突き上げられながらトロトロのイキ顔をさらけ出すさまが扇情的でたまらない。星憑ネオン。お得意の見開きページ使って大量中田され絶頂の光景ももれなく提供され読み手の摩擦運動を強力にアシスト。加えてハーレムものならではの複数女子まとめてセックスシーンを用意し同時進行でいろんな穴を堪能する後宮生活の醍醐味を実感。
女の園へ投げこまれた健全男子の剛直はそれだけで彼女らを夢中にさせる。フルフラットからスイカップまで、パイパンありジャングルあり、あらゆるタイプの女体に囲まれながらまんこアラカルトをつまみ食いだ。こちらの意志などおかまいなく勝手にイチモツを取り出され腰を沈められて性器どうしの天下一武道会をせわしなく開催。柔肉のなかを激しく前後するシャフトのもたらす未曾有の衝撃に全身を打ち震わせ激しく咆吼する彼女らのはしたなさすぎる痴態にいっそう興奮。四方八方に淫語マシンガン連射しながら執拗に膣内射精をおねだりし続ける彼女らの願いどおり、子袋の許容量いっぱいに怒濤のごとく白濁の奔流を叩きつけ女体征服ミッションコンプリート。
問答無用ストロングファックが横溢するいつもの星憑ネオン。節に猟奇的な味わいの推理サスペンスをプラスした意欲的な構成が光る1冊。個人的には前半部に登場した女の子たちはうしろの人々――とくに特権的にエロが盛られた時田先生と比較してファックがもの足りなく感じたけれど、お話込みで考えればそうなるのはやむを得ないところであり納得。あとこの記事では意図的に説明不足な紹介しかしなかったけど、実際に本作を手にしてみればいろんな伏線が密に張られてちょっとした記述でも即ネタバレにつながりかねないのを理解できるはずだ。よそのレヴュウではもう少し踏みこんだ書き方をしているところもあるけれど自分はこのへんでとどめてあとは読み手自身の解釈にゆだねたいのでこうした次第。登場した幾多の女子たちのなかでは、1話限りの出番なのに超絶ドエロいボディとセックスに対する貪欲な姿勢がなんともナイスな短髪低身長巨乳女子・胡春ちゃんが私的イチオシですね。

なくても ある町

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/4借出。

-梶原みずほ「アメリカ太平洋軍」講談社 ISBN:9784062208260
-曺智鉉「猪飼野」新幹社 ISBN:9784884000318
-L・ウン「最初に父が殺された」青土社 ISBN:9784791770359

2018-02-03

今宵のボンベイ・ロール。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-ちるまくろ「はさんであげる」コアマガジン ISBN:9784866531434
話○ 抜◎-○ 消小 総合○

甘いもの大好きな食いしん坊彼女のえっちなダイエットに日々全面協力でちんこは大変本編&描きおろしショート後日談+独立短編9本。着衣ではとうてい隠しきれないエクストララージバストをフル活用してはステディな彼氏の前でだけはしたない痴態をさらしたっぷり精液注がれて絶頂するドスケベ爆乳女子のメガ盛り状態でお送りする作者これが記念すべきファーストコミックスだ。なお機種依存文字につき記載を省いたけれど、単行本タイトルの末尾には本来ハートマークが付属します。
申しわけなくも現在コアマガのエロ漫画誌はどれも定期購読していないのだが、ワニと並ぶ古豪だけに新陳代謝も激しく新刊予定表はいつも新顔が続々登場だ。今回評価の俎上に載せるこの人もそんなニューカマーのひとりなのだが、じつは初顔合わせではなくしょっぱなの出会いは去年上梓された某どうぶつ擬人化アニメの薄い本でのこと。最初ツイッターで表紙画像だけを見かけて思わず引きこまれ、実際に買ってみるとこれが常軌を逸して使えまくったものだから「いまのコアにはこんなスゴい新人作家がいるのか!」とその名をグリグリと脳裡へ刻みこんだ次第。てなわけで公式発売日に合わせ即座に予約注文ですよ。なお版元提供の著者別情報ページや作者pixivアカウントの発売告知エントリで内容サンプルや各ショップ特典が盛りだくさんに紹介されているので購入前に必ずチェックしておくべし。
いきなり女の子のお顔とほぼ同サイズの雄大な双丘がドドーンと提示されるインパクト抜群の表紙がぼくらをお出迎え(残念ながら帯つき状態だとキャッチコピーで大半が隠されますが)。見るからにキャッチーなアニメ/ゲーム系の絵柄は中身のモノクロ原稿でも印象は変わらず、クッキリ明快な描線でつむがれる健康的なタッチは非常にさわやかな感触。大半が「コミックホットミルク」、1本のみ「コミックメガストアα」掲載分とすべて当社刊の雑誌を初出とする収録作たちは2014-17年と執筆時期はそこそこワイドで、さすがに最新/最古を直接比較すれば明確な差異が認められるものの時系列と逆順に並べグラデイションを描けばさほど違和感はないかと。
このたび我々の股間にご奉仕してくれる女性陣は年のころハイティーンから20代入りたて相当と推定。彼女らはこぞって大きな瞳に丸顔のあどけないツラ構えでありつつも首から下はグラマラスという昨今流行りの童顔巨乳系な造形であるのだが(二つ結びで統一されたキュートな髪型もその印象を増幅する)、ちるまくろの場合は加えて極端なほどのバストの盛り具合が特徴的。まるで月面ロケットや弾道ミサイルもかくやのド派手に突き出た特大おっぱい本体からこれまた面積のえらく広い乳暈が先端に広がり、その先っちょにはプリップリの大ぶりなニップルが鎮座するという寸法だ。この砲弾ボインを支えるには頼りなさすぎるキュッと締まった細腰に爆乳絵師としては例外的にそれほどデカめには描かれないお尻という具合にかなり無理のあるボディデザインではあるものの、こうした独特のアンバランスネスがこの作家ならではの得も言われぬ淫猥さをかもし出す源泉ともなっている。
おおむね慎太郎シール誌初出物件とあって物語のベースラインは肩のこらない明朗快活ラヴコメ仕立て。同級生に幼なじみ、労使に師弟などいろんなタイプの関係性を敷衍しつつ、ハーレムだの3Pだのよくあるネタは用いずひたすらフォーリンラヴ直前もしくはカップル成立済みの男子女子が織りなす1on1のタイマンラヴに徹する。ときおり力関係を逆転させたり片割れがつれないそぶりを見せたりの変化球を投じながらも、最終的には双方ベタ惚れの甘酸っぱさ炸裂なイチャイチャぶりを大量摂取できる仕掛けだ。ことにふざけあったり微妙にすれ違っていたりのやりとりがヒロイン側の真摯な想いを吐露する場面から一気に熱愛モードへと変容するさまが白眉で、2人タイトに抱き合い熱く口づけながら臆面もなくラヴワード乱射のクライマックスに読んでるこっちも赤面必至。
むろんエロ漫画であるからには息子をガッツリ使役できるか否かが最大の焦点となるわけだが、ちるまくろはここでもフルにその魅力を発揮する。1本あたり20ページ内外のそう多くない分量ながら、好感度100%どうしの彼氏彼女だけに濡れ場突入は非常に迅速で内容も盛りだくさん。この作家得意の超巨大バストを存分に披露する執拗なパイズリからガチ本番へとなだれこみ、勇壮な男根を肉ヒダでうねうねしごき倒しつつ大量のザーメンを幾たびも子宮へぶちまけるに至る一連のシークエンスを超高密度でお送りする。とりわけ直近の執筆作ではナマ中田氏複数回仕様がデフォとなり射精前後の心象描写や表情変化などドラマの演出技法も格段に洗練されてティッシュの消費量もうなぎ登りですよ。
互いに愛する気持ちをもう隠せない2人はすみやかにメイク・ラヴ開始。両手におさまらないほどのスイカップをいとおしげにこね回し揉みしだくうち彼女も甘い嬌声を発しはじめる。辛抱たまらず胸の谷間にビッグコックを挟みこめば阿吽の呼吸で両サイドを圧迫され先端を舐めあげられてたちまち第1ちんこ汁発射だ。興奮冷めやらぬままこんどは目前でパックリご開帳された淫裂へ暴れん棒をインサート。ガンガン腰を使うたび女子連中のエクストララージバストが激しく揺れ、こみ上げる快感に彼女ら涙を浮かべながら法悦の態。2度と離すものかと両者きつく手足を巻きつけ舌先を絡めあいながらプレイ内容の一部始終を自分たち自身で実況中継する。いよいよ感極まり絶品イキ顔見せつけながらうわごとのように種つけを懇願するヒロインのリクエストにお応えし、爆乳まんこのいちばん深い部分へくり返し熱い白濁を流しこみ続け愛の儀式はいつまでも終わることがない。
明るく楽しくちょっとアホな2人のダイアローグがやがて真摯な恋人たちの睦み合いへと変わり彼女の子袋へなん度も愛の証を注ぎこむ特濃熱愛エロスに心は高揚し息子はたぎりっぱなしの逸品だ。とりわけ最近になってからの作品は作画/作劇ともよりソフィスティケイトされ濡れ場の迫力は大幅に増してと短期間でぐんぐん作者の技倆が向上しているのがわかる。視界360度どちらを向いても規格外おっぱいヒロインしか出てこないのでつるぺたスキーにだけは不向きと思うが、純愛ガチエロを希求するすべてのエロ漫画フリークに対し声を大にしてオススメしたい。どの物件もマイサンを鬼のように酷使しまくったけれど前述のように直近作はいっそうハートフル/ユースフルで、スイーツ大好きっ娘のクセして最愛の彼のためダイエットに奮闘するヒロインの直球ラヴがうれしくもいとおしい「甘党デート」/「甘党デート アフター」連作と、コワモテ女子×パシリ男子の主従関係はいつしか熱烈な相思相愛へと様相を変えて「オラオラな心情」がとくにお気に入りの作品。

Vergangenheit, die nicht vergehen will

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/3購入。

-J・ハーバーマス「後期資本主義における正統化の問題」岩波文庫 ISBN:9784003860144
-石弘之「感染症の世界史」角川ソフィア文庫 ISBN:9784044003678

2018-02-02

本日のピアノ・リサイタル。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-姫野こもも「色欲とろいめらい」ワニマガジン社 ISBN:9784862695413
話○-△ 抜◎ 消小 総合○

常に学年トップの主人公はある日生徒会長直々の呼び出しを受け秘密の任務に就くことに……長編4話&巻頭フルカラープロローグ+独立短編4本。極上ハイティーンガールズがふだんの清楚な笑顔を娼婦のごときアクメフェイスへと変貌させ汗と涙と精液まみれでド派手にイキ狂う光景を読者の脳裡へ絨毯爆撃する作者最新刊はトータル3冊目のコミックスにしてこの出版社からの初見参だ。
この作家について最初に存在を知ったのは2010年代初頭あたりだったのだが、そのころは申しわけなくも自分的に重要なエロ漫画家ではなく、初コミックスは購入を回避してしまったほど。それが俄然気になりはじめたのは一昨年ジーオーティーより上梓された前単行本「とろける乙女」収録の作品たちが雑誌に載ったあたり。可愛らしい絵柄なのに女子連中の限度を知らない淫乱ぶり披露に度肝を抜かれ、矢も楯もたまらず買い求めた同書は期待どおりの壮絶な実用性で当ブログ選定の2016年エロ漫画ベスト10企画の第5位にセレクトしたほどだ。そんなこの作家の最新刊となればむろん速攻でゲットせざるを得ないというもの。
単行本が出るたびに版元のスケールも上がって、今回はついに業界最大手たるワニマガからの発売。当初から姫野こもも最大の武器である繊細さと華麗さを兼ね備えた萌えティックな絵柄はむろん出版社を移っても健在だ。収録作すべて当社刊の「コミックゼロス」および「COMIC快楽天XTC」誌上で2016-17年にかけ掲載された最新原稿に加筆修正も加わりクオリティの高さは折り紙つき。いつものように出版社公式サイト内のコミックス情報ページからサンプル画像を参照できるので、近くに内容見本を置いている書店のない方でもチェックは容易だ。
このファンシィ&ゴージャスな筆致から生み出される女性陣は明記のないものを含めおそらくミドル~ハイティーン固定。その圧倒的多数が制服着用でのえっちを実施しており女学生大好きっ漢の飽くなき欲望を存分に満たしてくれる。年齢レンジは狭いもののみなさん髪型や性格づけに細かく差異を設けキャラクターの描き分けも明瞭だ。そんな彼女らはなんとも愛らしいお子ちゃまティックな顔立ちでいながらおっぱいの方はわずかな例外を除き大人顔負けの雄大なブツを標準装備していて、俺みたいな童顔巨乳ヒロインスキーにとってはまさにエルドラド到来ですよ。
ところどころに暗い影が差すダーク志向の物語を訥々とつむいでいくのがこの作家のストーリーテリングの特徴的な点。最初期はいまと逆の軽快なエロコメ主体だったのだが、前作あたりから作風を微妙に変化させより淫靡なエロスがきわ立つ形となっている(薄い本は昔からこの路線だったようだけど)。とくに今回唯一の長尺ものにして実質的なタイトル・チューンに相当する冒頭連載作「学欲向上委員会」は成績優秀ながらも気弱な少年が強大な権力を与えられ次々と生徒を食いまくるうち清濁併せ呑む一人前の漢として成長してゆくという、ベタなハーレムものの趣向に俺TUEEE的垂涎の設定をプラスして主人公は全能感フルスロットル、餌食になる女子はまさに人権蹂躙され放題という読み手のほの暗い欲望を喚起しまくる世界観だ。一方でうしろの短編群は基本合意エロでお話の展開自体は和姦ベースながら、アブノーマルな行為をひそませたり女の子たちにどこか嗜虐心をそそる要素を盛りこんだりと随所に澱のような堆積物を落としてゆき我々の心をかき乱す。
そしてなんと言っても姫野こももならではのリーサル・ウェポンはエロシーンそれ自体。1本あたり22-30ページと分量には幅はあるがお話の長短問わず濡れ場占有率は異様に高く股間の摩擦運動を強力にアシスト。このキャッチーな絵ヅラでもって問答無用のストロングファックをくり広げるつつ景気よく膣内射精三昧という「こんなカワイイ娘があんな派手に乱れて……」というエロ漫画的ギャップ萌えの基本を忠実に実践するのみならず、おにゃのこ連中がその体躯を常時いろんな分泌物にまみれさせ顔面を随喜の涙でぐしょぐしょにしながらイキ狂うアクメフェイス百面相がおそろしく扇情的なのだ。とりわけ少女らが脳髄を貫く強烈な快感を必死にこらえ歯を食いしばるさまは淫猥きわまりなく、この表情が出てくるコマだけで自分はモリモリ抜きまくれますよ。
圧倒的に優位な立場から命令を下す快感に酔いながら少女たちのたわわな肢体を美味しくいただく夢のような時間がはじまる。手はじめに下腹部の逸物へ奉仕を命じいたいけな乙女の可憐な口腔めがけ白濁を放つのだ。休息など許さずこんどはお歳に似合わぬ豊満な体躯をあらわにし双丘をムンズと鷲掴みにしてもてあそびながら敏感な部分を執拗に刺戟。こみ上げる衝撃にたちまちほおを朱に染め瞳を潤ませて快感にあえぐ彼女らの蜜壷へそのまま暴れん棒をインサート。はわわわと口を歪めダラダラ唾液垂れ流しながら未曾有の快楽に全身を打ち震わせるヒロインズの狭隘な子宮へ2度3度4度と特濃孕み汁の奔流をお見舞いし女体征服ミッション完遂だ。
女の子取っかえ引っかえよりはじっくりタイマンラヴの方が好みな自分だけど、そのハンディを負ってでさえヒロインみなトロトロに表情を崩し全身全霊でイキ狂う光景に息子も無条件降伏せざるを得ない。これで描写自体はとてつもなく秀逸ながら全般的に出し惜しみぎみな性器結合/射精断面図がもっとふんだんにフィーチャーされていれば抜き評価は三重丸でもおかしくなかったところ。著者ブログなどを見るに今後の執筆ペースは落ちるようだけども、無理しない程度に引き続き超絶ドエロい作品を描いてもらえればと願う。今回のお話たちのなかでは冒頭連載より後半の短編群がより俺的お気に入りで、なかでも別の男との情事を日々のぞき見していた教え子JKの肉体をついに我がものにして「穴の向こう側」と、子犬みたくつきまとってくる後輩女子を甘いお菓子とちんこで餌づけ「あまいサカリ」でもって我が砲身を灼けつくほどに使役。

ましゅまろオパイ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/2購入。

-帚木蓬生「悲素(上)(下)」新潮文庫  ISBN:9784101188263 ISBN:9784101188270
-安田理央「巨乳の誕生」太田出版 ISBN:9784778316051

2018-02-01

今夜のマロングラッセ。

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
-サガノユウジ「いろづきおとめ」ジーオーティー ISBN:9784814800636
話○-△ 抜○ 消小 総合○

性欲魔人お嬢さまの際限ない欲求に使用人のちんこは大変フルカラーショート連作2本+独立短編9本+フルカラーショート3本。甘々ラヴからガチンコ強姦輪姦まで多彩な物語を展開しつつふわふわキュートな美少女/美女たちが自分からまんこおっ広げたっぷり膣内で精液を受け止めながら絶頂のワンダフルな光景を雨あられと斉射の作者これが記念すべきファーストコミックスだ。
自分が現在定期購読している当社の総合エロ漫画誌「comicアンスリウム」は新人発掘にも意欲的で毎月のようにニューカマーにお目にかかれる。この人もそんな期待の新星のひとりではあるのだけれど、掲載ペースがずいぶんゆっくりで現在まで目にした作品はそう多くないだけに、処女作リリースの報を目にして「えっこれしかストックなくて大丈夫なの?」とまず思ってしまった(作者さますいません)。とはいえ単行本を楽しみにしていた作家なのは間違いないので即座にゲット。なお出版社公式web内の紹介ページおよび作者tumblrの発売告知記事から内容サンプルや一部ショップ購入特典を参照可能なので本屋へダッシュする前にそっちを要チェック。
カヴァーイラストがなによりも雄弁に物語り、また帯訴求コピーでも謳うように、いかにも柔和な雰囲気の砂糖菓子みたいな萌え系のタッチが印象的。既存作家で似たイメージの漫画家というと自分は富士やま清宮涼あたりを思い浮かべるが、そんな感じでとにかくキュートネス炸裂の絵柄なのですよ。さっそく初出を確認すると現本拠地のアンスリウム掲載作のほかにワニマガジン社の「COMIC快楽天BEAST」に載ったものが5本あり、本数が足りなく感じたのはこの分を入れる目論見があったからなのだと納得した。ただ現在は毎月買っている快楽天BEASTを自分が購入しはじめる前に彼が同誌へ執筆していたことがわかり驚き。もっと前からそれを承知していたら冒頭述べたような勘違いはせずにすんだものを。
登場ヒロインの年齢はロウティーンから20代中盤附近までとえらくワイドながら(一部年齢不詳の人外女子あり)、お歳に関係なく全員まるっこいフェイスにおっきな瞳のあどけない造形が特徴だ。若い娘は当然として女教師やOLのような成人済みキャラでさえ下手すりゃ義務教育世代に見えかねないほど童顔に描くので熟女スキーは最初から回避すること。一方でおっぱいサイズはわずかな例外を除きおおむねビッグ志向で、幼女同然のキュートな顔立ちに不釣り合いなほどたわわな双丘が付属しプルンと揺れるさまがまことにナイスですね!
ふんわりソフトタッチな作画にふさわしく物語もスウィートな和姦エロ……と言いたいところだが、たしかにタイマンラヴが多数派ではあるものの趣向はなかなかに多彩。合意方面だとバカップルに主従エロ、親族関係におねショタなどいろんなタイプの彼氏彼女が甘やかに結ばれる系統のお話が中心だ。そうかと思えばエルフっ娘の輪姦や触手凌辱があったり社会人女子が社長の慰みものになったりとダーク系も取りそろえいろんなニーズにお応えする。カラーショートや白黒でも一部のページ数がやけに少ない数本はさすがにお話運びが苦しく感じるものの、総体として特段の破綻なく進行するウェルメイドな作劇でストレスなく読み通せるかと。
エロシーン密度は業界平均水準ながら、愛らしいお顔にむっちりボディの女子連中が絶品トロ顔さらけ出し大胆に乱れまくるさまがたいそう扇情的。とりわけこんもり景気よく盛られたおわん型のおっぱいや密林の奥で艶やかな柔肉がテラテラ光る女性器近辺などエロパーツ描写が非常に巧みで抜き度アップにたいそう貢献。惜しみなく結合部アップを多用しドエロいアングルを次々とくり出しながらキュートな萌えっ娘どもがハードに内奥を貫かれ狭隘な子宮いっぱいにザーメンを浴びせかけられ昇天のナイスな艶姿をたっぷりとお届けだ。
イチャイチャだろうと強要だろうと、ヒロインみな柔らかおっぱいをこね回され敏感な部分をゴリゴリ刺戟されたらすっかり発情モード。執拗な愛撫にすっかり秘部も濡れそぼち受け入れ態勢も万全だ。下腹部のジャングルをかき分け出現した秘密の花園めがけいきり立つ怒張を思いきりインサートし性器どうしの真剣勝負を開始する。ハードに腰を使い柔肉のその奥までガツガツ突きまくるたび女子どもほおを紅潮させ瞳をうるませながら小刻みに嬌声を発し早くも夢心地。豊かな2つの隆起を弾むように揺さぶり自分から下半身をグラインドさせ快楽享受に没頭するさまがおそろしく扇情的だ。きゅんきゅん膣奥を締めつけ四方八方へハートマークをばらまきながら昇りつめてゆく彼女の淫乱まんこめがけ大量の白濁を怒濤のごとく注ぎこみ長きにわたる性の饗宴もようやくフィナーレ。
童顔巨乳大好きっ漢たる自分は数本あるぺたっ娘ものだと若干使い勝手が落ちトータルでならすとこの抜き評価だが、初手からヴァラエティ豊かな作劇に可愛さメガ盛り状態なヒロインズのマーヴェラスなイキっぷりが加わって「やわエロ美少女の俊英」と謳う訴求コピーにふさわしいできばえだ。クレジットのいちばん古いものだと2012年執筆のものから直近掲載作までと1冊分の原稿をそろえるのに気の遠くなるような歳月がかかってはいるけれど、それだけ待った甲斐はある作品集といえよう。ただし来たるべき2冊め刊行のためには今後もう少し作品産出ペースを上げてもらいたいところ。このたび収録のお話たちのなかでは、寒がり女子を快適温度に暖めるべく股間のホットミルクをドプドプ提供の「あっためっこ」と、母や友人の浮いた話に食傷ぎみのJKが行きずりの男と偶然ベッドインし初体験からイカされて「恥的好奇心」が私的フェイヴァリット物件。

ⰔⰎⰑⰂⰡⰐⰠⰔⰍⰟ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
2/1購入。

-丸山俊一/「欲望の民主主義」制作班「欲望の民主主義」幻冬舎新書 ISBN:9784344984882
-黒田龍之助「ことばはフラフラ変わる」白水社 ISBN:9784560085943